2 ドルの報酬を支払う政府 2 km をサイクリング

フランス運輸省は、「自転車走行距離手当」コスト (すなわちボーナス) 会社が自ら取り組むフランス環境・ エネルギー管理事業団これを評価すると述べた。さらに、スキーム、事業に参加している 20 の機関が給与税の優遇政策が免除になります。

実際には、緑旅行のためフランス政府ずっといくつかの補助金対策。2009 年、パリ市政府はバイク、車モデル補助金の政府の 25% あたり 400 ユーロの公共の購入自転車の補助金プログラムを実装して無料のデバイスを充電する電動自転車の使用を公衆に提供を始めた。企業も、自転車が 10 補助金の最大を購入する補助金を得ることができます。